Archive for the ‘課外授業’ Category

日本のエコ活動を海外に紹介するNHKの海外番組で、われらが里山みかんの活動が紹介されます。
国内では放送はないのですが、インターネットで見られます。

取材風景

取材風景

グリーンスタイルジャパン・スローライフ」 8月19日(木)AM8:30~9:00
再放送:12:30~、16:30~、20:30~、翌日(金) 00:30~、04:30~

日本国内では、インターネットで、放送と同じ時間に視聴できます。
(右上に「Now on air」あり)

放送終了後は、NHKエコチャンネルにアップされる予定です。 (放送後、三週間くらいしてからの予定です)
興味ある方はゼヒご覧下さい。

内容は、去る5月に実施した、みかん花摘み&蒸留講座です。

みかん花の香りにうっとり陶酔~

みかん花の香りにうっとり陶酔~

先日、みかん園作業にはじめて参加されたSさん(職業:イタリアンのパティシエさん!)からあまりに素敵な写真とお便りが届きましたので、紹介させていただきます!

『先日ボランティア作業に参加したSです。
はじめてのみかん農園で、新鮮で楽しく作業をすることができました。

たくさんのビワと、盛りだくさんのBBQありがとうございました。
また時間を作って参加したいと思います。

DSC_2703
びわジャムを帰ってすぐに作りましたよー

DSC_2756
あと、シャーベットにしました。おいしくいただきましたー!

と、メールが遅くなってしまったのですが。。。
またイベントがあるとき、人が必要なとき連絡ください! 』

Sさん、おいしそうな写真、ありがとうございます!
是非いらしてくださいね!

次回は7/17に、ちびみかん摘果作業+新ジャガイモ掘り、を予定してます。
詳細は来週掲載します。

5月は待ちに待ったみかん花摘み♪
今回は通常の作業ではなく、ミカンの花を使ったアロマ蒸留講座です。

一年に一回しかない、大変貴重な体験です。

みかんのはな

みかんのはな。いい香り~♪

なお、今回は、NHKの取材が入ることになっております!
(注: TVに映りたくない方は、配慮がなされます。ご安心ください。)


<内容>

一年に一度の、1週間だけ、
里山が、甘くさわやかなミカン花の香りでいっぱいになります。

去年の花摘みの様子

去年の花摘みの様子


ぜひ、この香りを体験してください。
山でいっぱい遊んで、、、5月のこの時期にしかできない体験を里山みかんプロジェクトと一緒にどうぞ!

日時:2010年5月22日(土)

注: 4月の天候不順の影響で、花が咲くのが例年より遅くなります。
定例活動日は、通常どおりで行くと第3土曜日(5/15)ですが、今回は1週間遅らせて5/22となりました

※ 多少の雨なら決行ですが、荒天の場合は、翌週 5月29日(土)が予備日となります。

場所
みかん花つみ体験:小田原市久野の里山地区にあるみかん園
蒸留、チンキつくりなど:小田原市フラワーガーデン(農園そばの植物園)

集合場所:JR/小田急 小田原駅に9時20分  詳細は追って連絡します。

(参考: 新宿 07:41発 - 小田原 09:15着 料金850円 小田急小田原線 急行小田原行。)

公共機関のバスを利用して、みかん山のふもとまで移動します。パスモ、スイカが使えます。現地までの移動費用はご負担ください。

去年のお花

チンキをつくっています


内容: みかん花摘み体験、みかん花チンキつくり、みかん花蒸留見学、香り専門家&自然コスメ専門家による講座

ランチは地元小田原の仕出し弁当をご用意します。

参加費用:6,000円 保険代込み
(みかん花蒸留水、みかん花化粧水KUNO、みかん花チンキおみやげ付)
お弁当、お茶代込みです。
解散予定時間: フラワーガーデン解散16:20頃

主催:NPO里山みかんプロジェクト
協力:KUNOstyle

申し込み・問い合わせ
TEL 042-670-7077
FAX 042-670-7076
メール: info@aof-aroma.com

参加ご希望のかた全員の、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレスを記載の上申し込みください。

参加費用お振込み確認でき次第申し込み完了となります。

みかん花の香りいっぱいの里山で過ごす、楽しい1日となるように、講師スタッフ一同、がんばります!

ゴミを取り除き蒸留用に選別しています

ゴミを取り除き蒸留用に選別しています

みかん花の香りにうっとり陶酔~

みかん花の香りにうっとり陶酔~

※ 定員を満たし次第、早期に締め切りますので、お友達とお誘い合わせでのご参加の場合は、特にお早めにお申し込みくださいませ。

※ 申し込み、お振込み後のお客様都合でのキャンセルになった場合、費用のご返金はありません。ご了承ください。

今終わりました。
いやー緊張した。
プロデューサーさんが、県内全域で今の時間帯はみんな出勤中にこのラジオ聞いてますよ、
なんていうもんだから、緊張しました。

代表の杉です。おとなり静岡のTBS系のSBSラジオから、小田原の里山ミカンプロジェクトについて話して欲しい、と出演依頼。

静岡も後継者がいないミカン農園たくさんあるそうです。

SBSラジオ/朝だす! 「情報三枚おろしコーナー」 で、7:15AMから10分ほど電話インタビューで話しました。

いやー緊張しました。

プロデューサーさんが、県内全域で今の時間帯はみんな出勤中に車でこのラジオ聞いてますよ、なんていうもんだから、緊張しましたが、結構あっという間に終わりました。

久野で活動してるんだ、と何回も強調しましたが、久野なんてローカルな地名言われても静岡県民は分からない。小田原っという言葉をもっと間に挟めばよかったなと、ちょっと後悔。

代表スギです。
本日、小田原市役所の会議室で公開の審査会がありました。

結果は月末に発表。
我々の発表模造紙(提出期限ぎりぎりで2時間半で作成!)と、用意した原稿です。

「おはようございます。里山みかんプロジェクトです。
わたしたちは、小田原で耕作放棄されたミカン農園の世話をしていた団体の元でボランティアをしていたのですが、その団体が作業から撤退したため、残った有志で活動を続けています。

手探りで3年間やってきて、何をすべきかがだんだん分かってきましたので、このたび本格的に乗り出そうと思ってます。

発表の模造紙
発表の模造紙

この図は、当プロジェクトの縮図を、ミカンの木として図式化した物です。

この図に沿って説明していきますと、

このSMPJ(里山みかんプロジェクトの略! 「スマップ Jr.」みたい??)の活動は二本の枝があります。

1)活動をするという枝、
そして
2)人の交流をする枝。
両方とも大事で、片方でも失われると木は傾いてしまいます。

また、この木には根っこがありまして、この根っこも大事なものです。
ボランティアさん、地域のみなさんの支援、そしてお金。
根っこが丈夫でないとこの木は、ひっくり返ってしまいます。

私たちの活動は、この木を丈夫に育てて、
継続的に息の長い活動にしたいと思ってます、

そうすると結果として、
真ん中になっている「里山の再生」という大きなミカンの実ができます。

では、枝を一本づつ説明していきますね!
<以下省略・・・・>

すっごい見晴らしがいいのだよ。

すっごい見晴らしがいいのだよ。

みかん山のすぐ裏山??
フラワーガーデンの横に県立諏訪の原公園なるものがある。
みかん山からも近く、我が家からも近いのに、なかなか行く機会がなく…。
小田原へ引っ越してきて、初めて訪れました!
と、いってもこの公園も新しいのか、まだ全体の一部しか解放されていません。

最近の公園は、わんちゃん達も入れる事が多く、この公園もOK!!
犬好きの私としては、いろんな犬に出会うのも楽しみのひとつ。
我が家にはネコが…住んでますが。本当は犬派、(派閥があるとすればね~)
本当に、最近は いろんな種類の犬が集まってるよねぇ。

子連れ家族、犬連れ家族、ランナー、青空の下で読書の人、都会のカップル、補助輪付自転車に乗る4歳児。
本当にいろんな人が来て、思い思いの時間を過ごしてます。

フラワーガーデンの梅園。

フラワーガーデンーの梅園。

 

そして、ここ。
隣のフラワーガーデンへも園内通路をとお手行き来できるのです。
2月上旬、梅の花は2分咲き~5分咲き。
小川も整備されていて、ちょっといいかんじ。

「諏訪の原公園」も「小田原フラワーガーデンー」も無料なのですよ!
みなさん、給料日前の休日にぜひ!

東京事務局の杉です。

1/10は、お正月の挨拶がてら、ミカン畑にいきました。
去年取りこぼした実を3人で収穫。
さらに甘みが増してる気がします。
まだ若干残ってますので、次回で今シーズン分はすべて取り尽くそうと思います。

ミカン小屋に、ミカン箱に並べて保管してあるミカンをチェック。
家に持ち帰ったのは3週間ほどで乾燥して皮が硬くなってしまうのですが(ワックスをかけてないので、水分が蒸発してしまうため)、ココにおいてあったのは大丈夫でした。土間からの湿度が多いのかな?

保管中のミカンは25箱。カフェに出荷して生ジュースにします。


次の日。
美しい久野里地里山協議会の方々が整備した、ハイキングコース、「明星登山道・奥和留沢みはらしコース」にチャレンジ。

道は細いけど歩きやすいです

気持ちのいい山道です

小田原から明星が岳という山を越えたら、箱根です。

箱根まで歩いていったら面白いなとおもって歩いてみたら、
半日ほどであるけちゃいました。

バスに乗るまでもないと思い、中久野のミカン畑の近くから、バス通りを和留沢(わるさわ。 ワルシャワみたい。)まで歩き、さらに斜面を登っていきます。

最初は舗装された道であまり面白くもないのですが、本格的な山道に入ると
よくあるハイキングコースと違い、獣道のように細くて、スリル満点な楽しいコースでした。

けもの気分満喫!

けもの気分満喫!

岩場あり、稜線あり、で起伏に富んだたのしいルートです。
道は細いけどちゃんと整備されてるので意外に歩きやすいです。
自分の中の、「関東楽しい山道ベスト3」にランクインしました!

DSCN3279

箱根へと降りる道。

明星ヶ岳の稜線につくと、いままで大変静かだったのに、反対側の箱根の強羅から何か音がする。
電車や車などの人間が活動する音がふもとから響いてくるのです。
小田原側と違って一大観光地ですからね~。

山頂でおにぎりを食べて1時間ほどで強羅まで降りました。
温泉に入って、おそばを食べて、贅沢してロマンスカーで帰りました。

しょっちゅう、小田原に来てる割には、久野のみかん園と小田原駅の往復で他はあまり知らないので、今年は遊びもがんばりたいと思います。

東京事務局の杉です。

日本最大級環境展示会、エコプロダクツ展@東京ビッグサイト。
小田原のみかん園再生プロジェクトとして、わたしたちも12月10,11,12と出展しました。

カメラ持って行ったのにうっかり!!写真を取り忘れました。
唯一とった写真が、メンバーに報告するために携帯で撮影したブースの写真、これ一枚だけ!

小田原のみかん花化粧水とみかんたち

小田原のみかん花化粧水とみかんたち


我ながらかわいくディスプレイできました。

展示用のパネル作りなど出展準備におおわらわ。
出展までの数日間は「時間がな~い!!」が口癖になって、睡眠不足気味。。。

たくさんの方に私たちの活動を告知するきっかけになりました。
おおくの方に、がんばってね!、と声をかけて頂きましたので努力が報われました。
ブースを見に来てくださった皆さん、ありがとうございます!

隣で出展してた、美しい久野・里地里山協議会さんともお話しして仲良くなれました。よこのつながり大事にしたいです。

こんにちは、若林です!!

BeGood Cafe Farm life shopに、メンバー杉さんの会社、株式会社フルフリが出店する!!
ということで、応援にかけつけました!

小田原の柑橘類、みかんハチミツ、そして化粧水!

小田原の柑橘類、みかんハチミツ、そして化粧水!

もちろん、みかん園の花を使った『kuno化粧水』も、店頭に並びました。

売り場に立つと、慣れないせいか、心臓ドキドキ。
『kuno化粧水』の商品の説明も、ドキドキ。

みかん花の香りの良さをもっと、多くの人に知ってもらいたいなぁ。

小田原市の加藤市長も見に来てくださいました。久野の化粧水だからKunoなんですとの説明に興味を持っていただきました。

小田原市の加藤市長!

小田原市の加藤市長!

結構長い間滞在して、デパートの売り場担当者さんとお話されてました。

代表:杉です。

趣味と研修をかねて、知人が作業している東京都の山奥(そう、東京にも山奥があるんです!)のゆず畑にいってきました。

紅葉をバックにゆず畑

紅葉をバックにゆず畑

こちらも、みかんの話に似ていて、「これからの時代はゆずを育てましょう」と奨励されたので、それを信じてゆずをたくさん植えました。
お金も時間も愛情もかけて、丹精込めて世話をしたら、立派なゆずがたくさんなるようになったけど、たいして売れやしない。ゆずなんて、そう、むしゃむしゃ食べるものじゃあないですからね。
こんなんじゃ、生活は大変と若者は山を下りて町にでてしまい、ゆずは手入れが行きとどかなくなってしまう、、、、
どっかできいたことがある話ですね。

yuzu2

今日とれた一番きれいなゆず

我々の、みかんプロジェクトでも何か参考になることがあるかも、とおもい、先日こちらのゆずは竹の管理を任されている、山林整備ボランティア団体の「ぼんぼり山の会」さんの作業に混ぜてもらいました。

ゆず!ゆず!

ゆず!ゆず!

30人近くの大人数での運営方法など非常に勉強になりました。
1) みんなでとったゆずは畑オーナーさんが手配した、ゆずジャム?の業者さんのトラックに積んで出荷する。1トン出荷しました。
2) ゆずはとげがすごい!釘のように硬くて鋭いとげがびっしり!これに比べりゃあ、みかんなんてチョロいです。
3) 作業の義務はなく、一生懸命作業に没頭する人がいる傍ら、たき火の周りでぼんやりしてる人、写真撮ってる人、おしゃべりしてる人、もいましたが、作業を一生懸命やってる人たちは別に不平等とは思ってない。
ボランティアは楽しいのが基本。ノルマや義務がないからたのしいんだそうだ。
遊びたい日は遊ぶし、作業したい日は作業する。
4) 丸太でできた立派なたき火スペースがありました。この丸太分けてもらってうちでもこういうの作れないものかな?
5) たき火の上の大鍋では、ご飯係のおじさまが作った豚汁がぐつぐつ。コーヒーも出ました。ご飯は持参ですが、汁物とコーヒーが出るのはいいですね。ちなみに参加費は500円でした。
6) 幅広い年齢層。0歳から70代まで幅広い年齢層。上下関係がない世代間交流は活気がある。おじさまの仕事を離れたプライベートの話はおもしろい!

たくさんのゆずをお土産でいただきました。
韓国土産で有名な、ゆず茶、をつくってみました。

柚子と氷砂糖を交互に入れて仕込みます

柚子と氷砂糖を交互に入れて仕込みます

たのしみ!

以前の投稿
カテゴリー
検索